医学部

早期体験学習 薬剤部 <1年生>

担当

千堂年昭、北村佳久

一般目標

入学直後の超早期に医療の現場を様々な角度から体験し、医療従事者の役割を理解し、人命の尊さと医師の責務を実感する。

到達目標

臨床の現場を体験し、医療に興味を覚え、これからの学習へのモチベーションを高める。

臨床薬理学・薬剤学 <3年生>

担当

千堂年昭、北村佳久

一般目標

基礎薬理学の原理をふまえて、臨床医学における薬物療法の理論と実際について学ぶ。医薬品の開発、評価における臨床試験の考え方について学ぶ。

到達目標

  1. 処方や薬物投与法の実際を示し、処方せんの書き方を習得する。
  2. 体内動態(吸収・分布・代謝・排泄)に関する基本的考え方を理解する。
  3. 臨床上重要な薬物相互作用や薬物を用いるときに注意すべき点を理解する。 
  4. 医薬品の臨床試験の仕組みについて理解する

選択制臨床実習コース <6年生>

担当

千堂年昭、北村佳久

コースの特色

処方せんの書き方、処方設計、処方せん調剤、一般・無菌製剤、医薬品情報、注射薬混合調製、化学療法剤の混合調製、生体内薬物動態、および医薬品の臨床試験(治験)等を通しての臨床薬剤薬理学の基本を学ぶ。

実習目標

本実習では適正な薬物療法施行の一環として処方せん調剤・製剤・生体内薬物動態の把握と処方設計、麻薬管理ならびに新薬開発のための臨床試験(治験)等について学ぶ。

実習内容

処方せんの書き方、処方設計、処方せん調剤、一般・無菌製剤、医薬品情報、注射薬混合調製、抗がん剤の混合調製、生体内薬物動態、医薬品の臨床試験(治験)、基礎研究等