業務

調剤室薬品管理室製剤室麻薬管理室薬品情報室薬品・薬効試験室薬剤管理指導室
がん化学療法管理室臨床試験支援室治験薬管理室

 

調剤室

調剤室では入院患者さんと一部の外来患者さんに処方された内服薬と外用薬の調剤・交付を行っています。自動鑑査システムなどの導入により調剤過誤の防止に努めるだけでなく、複数の薬剤師が処方内容を鑑査することにより安全かつ適正な薬物治療に貢献しています。病棟専任薬剤師とも連携をとり、錠剤の粉砕化や一包化など入院患者さんの服薬状況に合わせた薬の提供にも対応しています。また、新人薬剤師や薬学部実務実習生に対して、質の高い調剤技術を指導できる環境作りにも積極的に取り組んでいます。

02-6_01 02-6_02

 

薬品管理室

注射薬室

02-4_01主に注射薬の適正管理と、注射薬調剤・監査を行っています。注射薬自動払出し機を使用して、患者様毎に個別に注射薬の取り揃えを行うなど、リスクの低減に取り組んでいます。投与量、投与速度、配合変化など薬学的観点から監査を行い、患者様により有効で安全な薬物治療を提供することに努めています。

重症病棟指導室

02-4_02ICU、CICU、HCU、NICUなど重症患者様が入院されている病棟で活動しています。服薬指導、医師・看護師からの相談応需、投与量・投与速度のチェック、回診・カンファレンスへの参加、医薬品管理など薬剤師としての専門知識を活かして積極的にチーム医療に参画しています。特に、一般病棟と異なり病態の変化が激しいため速やかな提案・情報提供を行うことにより、有効かつ安全な薬物療法の提供に貢献しています。

薬務室

医薬品の確保と供給を行っています。医薬品を患者さまの診療に支障がないように確保・供給することにより、患者さまの医療に貢献しています。近年では東日本大震災などの教訓より医薬品の確保が重要となっています。これらの緊急時においても滞りなく供給できるように取り組んでいます。

 

製剤室

製剤室では院内製剤の調製と注射薬の混合調製を行っています。

院内製剤

高度先進医療の観点から、市販されていない薬を、日本病院薬剤師会の指針に基づき院内専用の特殊製剤として製造し治療に貢献しています。注射薬や点眼液等の無菌製剤、軟膏やローション等の外用薬、散剤やカプセル剤等の内服薬等、さまざまな種類の院内製剤を製造しています。

注射薬の無菌混合調製

無菌調製の技術や設備を用いて個々の患者さまの高カロリー輸液や抗悪性腫瘍薬の混合調製を行っています。当院では 休日・夜間も薬剤師の薬学的管理のもとで抗悪性腫瘍薬の混合調製が施行されるよう体制を整えております。この混合調製では無菌的に注射薬を計量・混合するばかりでなく、薬剤師が用法用量・薬物間相互作用など処方内容のチェック、配合変化・安定性のチェック等を行うことで、より安全で効果的な治療を提供しています。

02-6_03 02-6_04

 

麻薬管理室

02-4_03医療用麻薬は、主として手術時の鎮痛やがん疼痛の緩和に使用されます。麻薬管理室では、麻薬の購入、保管、払い出し、残薬の処理等に関する業務を行っています。医療用麻薬は、法律で取り扱いが厳しく規制されており、薬剤師が麻薬管理者となり、病院内の供給・管理を担当しています。

 

 

薬品情報室

薬品情報室は、岡山大学病院における医薬品情報の中心的役割を担う部署です。日々様々な医薬品情報を収集し、整理・保管しています。そして膨大な量の情報の中から重要性等を評価して厳選し、伝達・理解しやすいように適宜加工を行って、患者さんや医療スタッフへ提供しています。
主な業務内容は、患者さん向けの薬に関する説明情報文章作成や情報紙「薬の窓口」の発行、院内外における医薬品安全性情報(副作用情報)の収集・周知、病棟担当薬剤師との合同カンファレンスや情報提供を通じた病棟業務の支援、薬事委員会(医薬品の採用を決定する院内委員会)における資料作成および委員会の運営事務、医薬品市販直後調査への協力(医薬品の安全性を高めるため)などを行っています。また、病院内外からの医薬品に関する問い合わせにもできるだけ迅速に対応しています。

02-9_01 02-9_02

 

薬品・薬効試験室

02-5_01院内の採用薬品に関する品質評価、臨床評価(有効性・安全性)を行っています。重要な評価内容については、薬剤部職員・薬学部学生、時には診療科の医師らと共に学会発表や研究論文とし公表しています。

また、薬品に関する医療事故が発生した時には、様々な機器を用いて薬品の同定や分析・解析を行っています。

さらに、薬の有効血中濃度と副作用発現濃度が近い(投与量の調節が難しい)薬品については、血液中に含まれる薬物濃度を測定・解析し、患者さん一人一人に最適な治療(投与方法・投与量、薬剤選択、治療期間)が施されるように医師に処方提案しています。

 

薬剤管理指導室

02-8_01岡山大学病院では入院患者さまに対して適切かつ安全で有効な薬物治療を提供するために、全病棟へ薬剤師を配置しています。

病棟薬剤師は入院患者さまの内服状況やお薬による副作用状況等を確認し、服薬指導および薬剤管理指導を通じて入院患者さまの薬物治療が有効にかつ安全に行われるように医師ならびに看護師等の他の医療スタッフと連携してお薬の適正な使用の推進に貢献しています。

 

がん化学療法管理室

主にがん治療に関して組織横断的に医療スタッフへの情報提供やがん患者さんへの指導に対応しています。

現在、がん化学療法管理室に配属されている薬剤師は4名で、そのうち3名が、血液腫瘍内科、呼吸器内科、婦人科の各病棟において、お薬の説明、副作用モニタリング、副作用を軽減するための薬の提案、薬物相互作用の確認、腎機能・肝機能に応じた投与量の確認などを行い、安全で適正な薬物療法の確保に積極的に関与しています。(薬剤管理指導室参照)

外来患者さんへの服薬指導は1名で担当し、外来腫瘍センターでの患者指導や各外来診療科からの依頼に応じて患者さんへの抗がん剤の導入指導を実施しています。また、ネクサバール外来で担当看護師と共に医師の診察前の待ち時間を利用して面談を行い副作用のマネジメント、処方の提案、服用コンプライアンスの確認および患者相談に対応しています。一方、緩和ケアチームの一員としてカンファレンスに参加し回診を行っています。

02-1_01 02-1_02

業務内容

1. 入院がん患者さんへの病棟薬剤師業務、薬剤管理指導業務
2. 腫瘍センター(外来)での患者さんへの治療内容や副作用の説明と副作用のモニタリングと処方提案
3. 外来各診療科からの依頼に応じた抗がん剤導入指導
4. チームネクサバールの一員として医師診察前の面談、副作用モニタリングと処方提案
5. 緩和ケアチームの一員として入院・外来のがん患者さんに対する疼痛管理および副作用マネジメント
6. 抗がん剤レジメン審査・登録・管理
7. 保険薬局との連携
8. がん専門薬剤師研修事業における研修生への指導

 

臨床試験支援室

02-10_01治験とは、新しいお薬の候補を国(厚生労働省)にお薬として認められるため、患者さまにご協力いただいて効果や安全性を確かめる試験をいいます。

臨床試験支援室では、その治験が適切かつ安全に行われるよう臨床試験コーディネーター(CRC)が、当院で実施される約年間100件の治験を全面的に支援しております。

業務内容は、インフォームド・コンセントの支援、診察への同席、モニタリング・監査への対応、スケジュール管理、症例報告書作成支援と多岐に渡ります。医師や患者さまの双方から信頼され、安心して治験が実施出来るよう治験の進行をサポートしています。

 

治験薬管理室

治験薬管理室では、その治験が適切かつ安全に行われるよう治験薬の管理、注射治験薬の調製、治験関係資料の管理などの業務を行っています。

また、「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」を遵守し、質の高い治験の実施のために臨床試験支援室と緊密な連携を行い治験薬の管理を 行っています。