薬剤部紹介

薬剤部長あいさつ

教授・薬剤部長 千堂 年昭

かつては「薬剤部の業務は調剤」との認識が主流でしたが、現在では入院患者への薬学的管理はもちろん、抗がん剤や高カロリー輸液の無菌調製、ICT、NST、がん化学療法や緩和医療支援など多方面で、チーム医療の一員として新規業務が次々と生まれています。そのような中で、薬剤部は「医薬品のプロフェッショナル集団として、病院内における医薬品のあらゆる問題に責任を持つ」を念頭に置き、安全かつ良質な薬物療法の推進に努めています。

今後、薬剤師の主たる業務となる病棟薬剤業務では、薬剤師がチーム医療に積極的に参画し、医薬品情報という薬剤師が専門とする知識に基づき、処方学、薬物動態学、製剤学、臨床薬理学など薬剤師が専門とする学問スキルに基づく処方提案・処方設計を行い、他職種と恊働することが求められます。

一方、大学病院は医学研究の推進により専門医療の高度化を目指すのは宿命であり、チーム医療の中で薬剤師に対しても、高い専門性をもった臨床業務の展開が強く求められています。そのために、薬物療法のリーダーとなるべく様々な領域において高度な専門知識を有する専門薬剤師の養成にも力を入れています。大学病院として求められる医療をしっかりと提供しながら、研究機関、教育機関としても責務を果たせるよう、薬剤部部員一同、日々努力していきたいと考えております。

薬剤部長 千堂 年昭