教育方針

臨床薬剤学分野は薬学部の臨床薬学基幹研究分野の一つです。他の研究室と大きく異なることは岡山大学病院薬剤部に所属していることです。ですので、研究教育に関与する教員は薬剤部の薬剤部長(教授)、副薬剤部長(准教授)と薬剤師(助教)が担当します。また、臨床現場の第一線で活躍している薬剤師も学生の研究・教育に関与しています。

現在、薬学部は国民の強い期待の中6年制に移行しました。薬学部では専門性を身に付けた薬剤師の養成、医療スタッフの信頼を得て患者の薬物治療に責任を持てる薬剤師の養成、そして医療人として倫理観の備わった薬剤師の養成の教育的責任があります。さらに、国民の健康を守る目的でレギュラトリーサイエンスが推進されています。このレギュラトリーサイエンスとは「科学技術の成果を人と社会に役立てることを目的に、根拠に基づく的確な予測、評価、判断を行い、科学技術の成果を人と社会との調和の上で最も望ましい姿に調整するための科学」と定義されています。つまり、患者の薬物治療に責任を持つ薬剤師は患者個々の問題点を予測し、評価し、判断して実行していくことが必要となります。そのためには、薬学生の時より「問題解決能力」の育成が極めて重要となります。その能力を培うために最も有効な教育方法は「研究」にあります。

臨床薬剤学では、まず基礎研究を基盤として展開しています。学生には個々の研究テーマが与えられ、教員・先輩の指導の下日々研究を行っています。その成果は国内・国外を問わず発表していき、学術論文の投稿を目指しています。さらに、臨床現場の研究室という特徴を最大限に発揮し、直接患者データを基に最適な薬物治療法の確立を目標に研究を展開しています。臨床薬剤学では基礎研究⇔臨床研究の両輪で研究を行い、将来のPharmacist-Scientistとして活躍できる人材の育成を行っています。その成果として、これまでには研究成果を海外での専門学会の発表、専門雑誌への掲載を行った学生もいます。

学生の皆さんには研究に没頭して頂きます(実験が嫌いな方(苦手な方は大丈夫です)、薬剤師の資格だけを考えている方、専門薬剤師取得に有利と間違って考えている方は他の研究室を考えてください)。研究心、探究心、企画心旺盛な学生、博士課程進学を考えている学生を求めます。

また、臨床薬剤学分野は博士課程前期(薬学系)の学生も募集しています。さらに、医学部にも所属していまので、医科学修士さらには博士課程(医学系)の学生も募集しています。現在、薬剤師、栄養士、臨床検査技師として働いている方でも博士号を取得することは十分可能です。詳細をお知りになりたい方は教員までご連絡ください。研究面は教員が全面的なサポートをしていきます。