メンバー

教授あいさつ

e-01臨床薬剤学分野は、岡山大学病院薬剤部内に設置されています。研究室が臨床現場にあることから,常に臨床の現状を把握することができ、臨床に即した研究を行っていることが特徴です。この利点を活かし、研究を通して「患者さんから学ぶ」ということを実感できます。教科書に書かれた知識だけでなく、目の前の患者さんから薬の効果や副作用の真の姿を観察することによって、課題が見出されます。当分野在籍の学生は、患者さんの現状を把握しながらQOL向上に寄与できる医療従事者を目指し研究に邁進しています。研究テーマとしては、目前の患者さんの問題点を解決することを目的に、薬学的視点から臨床研究や基礎研究を行っています。最終的には、薬物治療における安全性の確保、治療効果の向上ならびに患者満足度の向上に貢献できるエビデンスの構築を目指しています( Evidenced Based Pharmacy)。また、将来、医療現場において、医療スタッフを牽引するような高度な専門的能力、問題解決能力、自己研鑽能力を有する薬剤師(Pharmacist-Scientist)と最先端医療薬学研究を推進できる研究者、教育者の育成に取り組んでいます。さらに、基礎研究と臨床研究を繋ぐ架け橋研究(Translational Research)の重要性が注目されている中、薬学の視点から創薬支援、医薬品の適正使用、個別化医療の発展に寄与したいと考えています。

教授 千堂 年昭