治療抵抗性うつ病の病態解明および次世代の抗うつ薬創薬研究

「精神疾患」の中でも「うつ病」の患者数は社会構造 の複雑化により年々増加しています。さらに、うつ病患者の約3割程度は既存の抗うつ薬に抵抗性を示す「治療抵抗性うつ病」であり、臨床上問題です。この 「治療抵抗性うつ病」に対する病態メカニズムおよび確実な治療法は未だ明らかにされておらず、基礎研究および臨床研究を駆使して科学的根拠に基づく適正な 薬物療法を確立することが緊急な課題となっています。私たちは、この課題を解決していく上で既存の抗うつ薬が反応しない動物モデルの開発は「治療抵抗性う つ病」の病態メカニズムの解明、さらには新しい治療薬・治療方法の開発につながり、極めて重要であると考え研究を行っています。その結果、これまでに報告 のなかった「治療抵抗性うつ病」の動物モデルを作製しました。病態像としては海馬における神経細胞新生およびアストロサイト活性の抑制を見出しました。ま た、新しい次世代の抗うつ薬としてドパミン作用薬およびセロトニン1A受容体作用薬の有用性を報告してきました。特に側坐核におけるドパミン神経活性化の 重要性を明らかにしました。現在、神経-内分泌-免疫系の相互作用に着目し、病態像の解明を行なっています。

c-01