分子標的治療薬の血中濃度解析と有害事象に関する研究

がん化学療法において、分子標的治療薬は従来の殺細胞的抗がん剤および免疫療法よりも高い抗腫瘍効果に加え、進行性、転移性がんに対しても生存期間の延長が得られることに期待が高まっている。しかし、分子標的治療薬は高い治療効果が得られているにも関わらず、長期投薬により、有害作用発現のため減量・中止せざるを得ない症例も少なくない。そのためには治療効果のみならず、副作用の評価が重要となる。

がん化学療法においても薬効および副作用を評価するためにPK/PD解析がなされ個人差を考慮した薬物治療が行われている。本研究室では、分子標的薬の測定法の確立および実際の患者の血中濃度、臨床症状から分子標的薬の適正使用の根拠となる基礎的研究を行っている。

c-06